再確認。アムウェイがディストリビューターに禁止している勧誘の仕方。

chef-657352_1280

他のネットワークビジネス企業に適用できるかどうかはわかりませんが、法的には消費者は守られるべきものなので。

ad
スポンサーリンク

基本的に強引・不快な勧誘は禁止

一応ネットワークビジネス企業は、特商法に基づいて「しつこい勧誘」「相手が恐怖や不快さを感じる勧誘」は禁止しています。

しかし、今もしつこい勧誘は後を絶たない。

いろんな原因があるでしょうが、消費者の側に「しつこい勧誘や恐怖や不快さを感じる勧誘」が違法であることが広まってないということも原因の一つだろうと思いますので、しつこく、こんな勧誘は禁止ですよ!ってことを書いておきたいと思います。

アムウェイの公式サイトでも言ってますが、

ディストリビューターは、アムウェイ・ビジネスの勧誘に先立って、次の5つを明示することが法律で義務づけられています。

  • 自分の名前
  • アムウェイのディストリビューターであること
  • ディストリビューターの登録を勧めようとしていること(目的)
  • 年会費負担について
  • 商品の種類
引用元:アムウェイ相談室

現実でよくある勧誘シーン、

●料理教室に誘われたら、ネットワークビジネスの勧誘の会だった
●昔の同級生から急に食事に誘われたら、ネットワークビジネスの勧誘だった

などなどは、すべてNGなのです。

彼らは、「勧誘が目的ではない。料理教室で聞かれたから応えただけ」「自分がいいと思っていることを話しただけ。いいと思っているから友人にも薦めてしまったが他意はない」とか言うかもしれない。

事前にネットワークビジネス関係者と知っていたら、勧誘を避けるためにいかなかった、で終わっちゃうんですけどね。

coffee-1030971_1280

断られた案件に関して、再勧誘は禁止

一度でも断られたら再勧誘は特商法的に禁止です。

すごく大事なことなので、覚えておいてくださいね。

ただ、そういうしつこいディストリビューター(販売員)に罰則を適用させるには一手間必要で、ネットワークビジネス企業に「違法な勧誘を受けた」ことをクレームしなくてはいけません。

クレームが多数寄せられるようなディストリビューターは登録を更新することができないことに一応なっているはず。

同じ事はネットワークビジネス企業にも言えまして、監督省庁にクレームが多数寄せられた場合は、業務停止命令などの処分をくだされることがあるので、消費者センターに相談という一手間が必要になります。

ネットワークビジネスのしつこい勧誘をなくすためには、関係者に実態をちゃんと知らしめることが重要になってきますので、一手間・二手間かかりますが、ぜひ冷静にクレームをお願いします。

ad
スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA