友人や家族がアムウェイビジネスにはまってしまった時、するべきこと。

洗脳を解くのは二の次です。というか、まず解けない。まずは自分の身を守ることを考えましょう。

picjumbo.com_HNCK8953-1

家族や友人など、大切で身近な人がアムウェイビジネスを始めて、人が変わったようになってしまった。

洗脳されたように、普通の会話ができなくなり、周囲の言うことを受け付けない。

すごく残念ですけど、感情的にならないよう注意してくださいね。

ad
スポンサーリンク

財産、自分の時間を守る

配偶者が突然アムウェイビジネスにはまってしまった場合に、一番心配されるのが財産です。

アムウェイビジネスの仕入れに勝手に貯金などを使われないよう必要な措置をとりましょう。

まず、夫婦の共有財産やお子さんの教育費などをビジネス資金に廻していないか確認。

もし最初に高額商品を購入していたりしたら、解約・返品を検討してください。

ただ、この時感情的になって、今後話し合いができないような空気を作らないよう、気をつけてください。

アムウェイビジネスなど、ネットワークビジネスを始める人というのは、現在に何かしらの不安や不満を抱えていることが多いです。それが解消されるか、ネットワークビジネスで大きな利益をあげることは相当に難しいことだと自分で気がつくまで、多分アムウェイを辞められません。

こっそりとばれないようにやられるよりは、ある程度報告してもらえるよう、良好な関係を維持するのも大事なことです。

ただし、勧誘されないよう、共感はしないよう気をつけて。

あなたが子供で、両親、あるいはどちらかの親がアムウェイビジネスにはまってしまった場合も同じです。

関係を悪化させず、でも共感・理解を求められても同意せず、距離を置いてやり過ごしましょう。

アムウェイビジネスに共感しない家族とお互いを守り合いましょう。

友人がアムウェイにはまってしまい、貴方がまったく共感できないならもっと簡単です。距離を置きましょう。

picjumbo.com_HNCK9279-1

共倒れを避ける

あの手この手でアムウェイビジネスは素晴らしいのだという価値観を広げようとするタイプの場合、聞いているだけ、一緒の空間にいるだけで疲弊させられます。

まともにつき合っていたら共倒れ必須。

縁切りをしない、できないなら、毅然とした態度で自分自身を守ることも必要です。

アムウェイに共感しない。

自分がアムウェイの問題に関わる時間は抑制する。

なんとか洗脳を解いて、以前の状態に戻そうと考えてしまいがちですが、厳しいと思います。

彼らがすがっているのは「自分の努力次第で数千万円の年収が得られる」という幻想なんですけれど、その幻想がない状態には耐えられない、始める前の状態に戻りたいとは思ってないんです。

彼らとつき合うストレスをまともに受け止め、あなたが倒れてしまうのが一番の失敗。

あなた自身や、他の家族・友人を守りながら、目を覚ますのを待つのが一番現実的です。

冷たいようですが、適切な距離をとり、犠牲を最小限にするよう行動してください。

ad
スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA